心臓病診断治療

犬の心臓病では特に7才以上のキャバリア・シーズー・マルチーズ・チワワ・トイプードル・ポメラニアン・ミニチュアダックスなどの犬種に加齢性の心臓弁膜症疾患がとても多くみられます。心臓弁膜症では、初期のうちは聴診で心雑音が存在するだけで無症状ですが、加齢とともに徐々に進行し最終的に慢性心不全になるとひどい咳や息苦しい症状が出たり、さらには発作や失神を起こしたりして命に関わることになります。猫の場合は心筋症と呼ばれる心臓病が多く、聴診では異常が発見できない場合があります。いずれの場合も心臓病を適切に診断し、症状の有無に関わらず早期治療することがとても重要となります。

このような症状の場合は当院へご相談ください。

fc026

◎ 興奮したり運動したりすると咳が出たり、息切れを起こしたりする。
◎ 散歩に行くと疲れやすく、息づかいが荒くなり動かなくなったりする。
◎ 最近ときどき咳き込むことがあり、寝てばかりいるようになった。
◎ 心臓が悪いと言われたことがあるが、詳しい病状を知りたい。

心臓病の検査

心臓病は、進行しないと症状が出にくいために飼い主様が気付かれるときには、すでに症状が進行している事も少なくありません。そのため定期的な健康診断や心臓病検診で早期発見・早期治療することが大切となります。心臓病の検査は、必要に応じて様々な検査を組み合わせて行います。そのためにまずは問診を行い、ここ最近のペットの症状や行動などを飼い主様より詳しくお聞きしながら聴診器を使い心音や呼吸音に異常がないか聴診したり触診などの身体検査を行います。そして必要があればさらに精密検査を行っていきます。

レントゲン検査

心臓の形体や大きさなどを検査します。また、心臓病と関連のある肺や気管などの状態を検査します。
最新のデジタルレントゲンで現在の心臓や肺などの状態を専用モニターで見ていただき飼い主様にわかりやすく説明いたします。

kensa11

超音波検査

超音波装置を使い心臓の内部の状態や心臓の動きを詳細に調べることができます。またドプラ機能を用い心臓の内部を流れる血流を詳細に調べることが可能です。

kensa2

心電図検査

kensa31

心拍数や心調律を検査して不整脈の有無を診断することができます。また心音入力することもできるため心音図の計測も可能です。

その他検査

3_pet_ma1

その他検査としては必要に応じて血液検査や
血圧測定などがあります。