院長あいさつ

profile_images_2

profile_images_3

profile_images_1

昭和51年9月23日に静岡県で生まれ、子供のころから生き物が大好きで獣医になるのが夢でしたので日本大学獣医学科に進学しました。大学卒業後は千葉県松戸市のいちかわ動物病院に7年間勤務いたしました。スタッフ総勢で20名ほどの動物病院で毎日忙しい日々でしたが、とても多くのことを学び、獣医師としていろいろな経験をさせていただいたことは今の私にとって大きな財産となりました。また、当時より東京農工大学動物医療センター外科・循環器科に非常勤研修医として今日に至るまで在籍しており、特に犬猫の心臓病における知識と技術の習得に努めてまいりました。今日に至るまで私を支え協力してくださったすべての人そして動物たちに感謝の気持ちを忘れることなく、多くのみなさまに信頼していただけるような明るくアットホームな動物病院にしていきたいと考えておりますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

所属

東京農工大学動物医療センタ― 外科・循環器科
日本獣医循環器学会

治療方針

インフォームドコンセントの実施

インフォームドコンセントとは飼い主様がペットの現在の病状や今後の治療方針を十分理解した上で納得のいく治療を受けていただくために飼い主様のご意見も尊重しながら分かりやすく説明することによって最善の治療法を一緒に考えていくというものです。

エビデンスに基づいた獣医療を実践

エビデンスに基づいた獣医療とは経験や勘だけに頼らず、科学的根拠やデータに基づいた治療法をベースに用いることによって、常に進化している医療に対応し安心して受けられる治療法を提案していこうというものです。

ヒューマン・アニマル・ボンドの理念

ヒューマン・アニマル・ボンドとは人と動物との大切な絆を表します。動物の病気を診断し治療するということはあくまで付随的なことに過ぎず、我々の仕事の本当の目的は獣医療を通じて人と動物が本当に大切な絆で結ばれることをお手伝いすることだと考えています。