フィラリア予防

service_images_1

フィラリア症とは犬糸状虫症とも呼ばれ、おもにワンちゃんの心臓にフィラリアと呼ばれる寄生虫が感染する病気です。フィラリアは蚊によって媒介され、もしもフィラリアに感染すれば徐々に重い心臓病へと進行し、命にかかわります。またこの病気の特徴として根治治療が困難であるという点から予防が極めて重要とされています。予防法は適切な期間中、毎月一回フィラリア予防薬を投与することによりほぼ確実にこの病気を予防できます。

フィラリア予防の注意事項

基本的に年に一度のフィラリア症検査が必要となります。(当院では検査キットを使用したフィラリア抗原検査を行っております。)その理由は安全で確実にフィラリア予防を行うためです。そして、もしも感染が確認された場合は早急により適切な治療を施し、フィラリア症の発症を最小限に抑えなくてはならないからです。

ワクチン接種

service_images_2

大事な家族の一員であるワンちゃん、ネコちゃんの健康を脅かす感染症は、例にあげると狂犬病、ジステンバー、パルボウイルス感染症、伝染病肝炎、猫白血病ウイルス、猫ウイルス性鼻気管炎などがありこの他にもたくさんあります。ワクチン接種をしていないとお散歩やペットホテル、トリミングサロンや動物病院などたくさんの動物が集まる場所に安心して行くことができませんので、忘れずに年に一度のワクチン接種を行いましょう。なお犬の狂犬病ワクチンに関しては狂犬病予防法という法律で接種が義務付けられております。

ワクチン接種の注意事項

◎ 混合ワクチン・狂犬病とも予約は要りませんので、年に一度体調に問題ないときにご来院ください。
◎ ワクチン接種後2~3日はなるべく激しい運動やシャンプーは控えよく様子をみるようにしましょう。
◎ ワクチン接種後、著しい体調の変化やアレルギー症状を認める場合は、当院にご相談ください。

去勢・不妊手術

service_images_3

去勢手術・不妊手術は繁殖を防止するだけでなく、マーキング行動などの性ホルモン関連性問題行動や発情期のストレスなどの軽減につながります。また、近年増加傾向にある性ホルモン関連性疾患を予防することができます。例えば、オスであれば精巣や前立腺などの病気でメスであれば卵巣、子宮、乳腺などの病気を意味します。特にメスでは若い年齢のうちに不妊手術をした場合には乳腺腫瘍(乳がん含む)の発生率を大幅に軽減できることが判明しており、大きなメリットになると考えられています。ただ去勢手術も不妊手術も全身麻酔下での手術になりますので、リスクが全くないわけではありません。手術のメリット・デメリットを十分ご理解いただくことがとても重要となりますので、詳しくは当院にご相談ください。

去勢・不妊手術の注意事項

◎ 去勢・不妊手術は一度診察を受けていただいたあとに手術の予約をお取りいただく必要があります。
◎ 去勢・不妊手術では通常一泊の入院が必要となります。